創業の想い

積水ハウスで

28年間働いてきました。
200棟以上の建物を建て、同じ数のオーナー様と深くお付き合いし、サポートしてきたことが強みです。
積水ハウスを退社し、独立した今も皆様から様々なご相談を頂きます。
お子様のこと、
古くなってきた家のこと、
ご親族のこと、
ほんの些細なこと、とても大切なこと・・・
いつまでもご相談いただける、ありがたい関係を続けさせて頂いております。

独立について

今までに培ってきた経験と知識を使って、自分のことを頼りにしてくれる人達の役に立ちたい、住む人のためを考えて、そのすべてをコーディネートしていきたい と思っています。

同志社大学を卒業後、積水ハウスに入社しました。
前を向いてひたすらに走ってきました。
何回か自分自身で独立してやってみたいと想うタイミングがありました。
何回か他社から誘いを受けることもありました。
でも、人生の中で最も大きな役割の一つである「住まい」というものに、「住まい」について最も大きな企業という立場から、お客様に携わることにやりがいを感じてそのまま走り続けました。

50歳を過ぎてゆっくり考えた時、まだやり足りないことがあると感じました。
お客様に対して、
積水ハウスという枠にとらわれない提案をしたい、
今まで培ってきた ノウハウとネットワーク、そして私独自の感性を活かして、もっと幅広く提案したい。
新しい位置につくことで見える世界が変わり、
仕事が更に楽しくなっています。

広く浅く

あまり良い言葉に聞こえないですが、
夫々の道のプロに比べると知識は深くはないけれど、幅広い知識を得ていることで、あらゆる事柄に対応でき、それを理解して、タイムリーに組み立てることができる。
問題があるなら即座に解決できる。必要ならば信頼できる最適なプロを紹介することもできる。
それが強みです。

今まで培ってきたネットワーク、具体的には弁護士、司法書士、一級建築士、一級施工管理技士、専門業者など、信頼できるその道のプロフェッショナルをコーディネートします。

PAGE TOP