不動産・建築全般におけるコンサルタント事業

不動産・建築全般におけるコンサルタント事業

ご相談から始まるコンサルタント

弊社では、数多くの不動産業務・建築業務全般で培った経験と知識を活かし、お客様の抱える様々なご不安、問題、お悩みにお応えし、解決いたします。独自の感性をもってあらゆる角度からお客様にご安心いただける最適なスキームをご提案し、ご満足へと導きます。

住宅建築に関するコンサルタントとは

ここでは、不動産や建築にかかわるコンサルタント業務がどのように誕生したのかをご説明いたします。
私は、私自身の身内やごく親しい知り合いから不動産や住宅建築関係の相談をよく受けます。その内容は、候補の土地の探し方はどうすればよいのか、どんなハウスメーカーや工務店を選択したらよいか、見積内容はこれでよいのか、契約内容に落ち度はないかなど、多岐にわたる様々なものです。そんな色々な事柄にアドバイスしたり、書面に目を通したり、時には交渉ごとや、各打合せに同席したりもします。
こういった出来事を耳にされた方が「報酬を支払うのでぜひ私にも詳しくアドバイスをして欲しい」とご依頼いただいたりすることがございます。長年にわたりハウスメーカー(積水ハウス)で仕事をしてまいり、数多くの様々な実例に携わらさせていただいた私は、不動産についても、設計についても、建築についても、資金や法律その他についても総合的にまとまった知識と経験を有しているせいか、こういったご依頼が一件また一件とだんだんと増えてまいり、しだいに数多くのご依頼いただくようになりました。
そこで、一件のご依頼に対して「では今回についてはこんな風に相談にのりましょうか」という形でその都度ご相談を承るのではなく、一つの確立した業務として承る方が皆様に対して明確でわかりやすく、私もその方がきちんと責任をもって承ることができるという考えに至りました。このような流れで誕生したのが、今回ご説明しているコンサルタント業務ということです。

内容に応じたコンサルタント

一口にアドバイスすると申しましても、色々なケースがございまして、「依頼する業者を選ぶところから、打合せ、内容や価格の交渉、そして住宅の建築工事はもちろん外構工事の完成までの最初から最後までを、一貫してアドバイスしてほしい」といった総合的なコンサルタントを目的とした、お出会いしたところからご依頼がスタートするというケースもございますし、「仲介してもらった物件のリフォーム工事についてのみアドバイスしてほしい」などといったご紹介した仲介物件をきっかけにしてスタートするケースなどもございます。
そして、コンサルタント業務には、範囲や程度についても様々なケースがあります。
例えば、仲介がきっかけとなりリフォームなどのコンサルタント業務が始まる場合などは、施工業者を紹介させていただくうえでも、これまででの実績や信頼性を鑑みた上で、私が主体となって責任をもって紹介させていただくことができますので、その施工業者についてお客様に初めから一定の安心感をもっていただけることも多く、したがって施工業者をご紹介させていただくのみに留まり、その後のお打合せや施工の立ち合いにまでコンサルタント業務に入る必要はないといったケースもあります。(それでもご依頼を受けてコンサルタント業務に入ることもあります)
他には、建築条件付き土地を購入されたときのように住宅建築の施工業者が既に決まっている場合などは、比較検討もできない上にその施工業者のこともよく分かっていません、なんとなく売主業者や施工業者の言うがままにならざるを得ないような雰囲気のなか、焦りや不安感がどんどん増大していいきます。そこでその焦りや不安感をしっかりと解消するためにコンサルタント業務をご依頼され、設計のお打合せはもちろんのこと、インテリアコーディネート、資金計画、建築工事や外構工事までの多くの内容のコンサルタント業務をご依頼されるというケースもあります。

コンサルタントの必要性

コンサルタント業務の必要性や意義をもう少し深く、一つの例に沿ってご説明いたします。例えば、建築条件付き土地を購入された場合、不動産業者の仲介業務としてはあくまでも対象不動産の売買が決定してご契約を交わされた時点で一旦完結します。その後の建物の建築については、建築条件として指定された施工業者(工務店など)ないし売主業者とお客様が直接打合せをすることになります。つまり、「物件の購入決定に至るまでの間、物件を紹介したり、案内したり、色白なアドバイスをくれていた、自分の考えを理解してくれていた、とても頼りにしていた、あの不動産屋さんはもう手伝ってくれなくなる」のです。今後は、お客様と施工業者(工務店など)ないし売主業者とがこれから建てる住宅についてのお打合せをして内容を決定し、その後に建築工事がなされ、完成、お引渡と進んでいきます。
仲介を担当した不動産業者は、お引渡しの際に、決済のローンや登記の書類などの件で、立ち会うだけです。
こういった一連の流れのなかで、建築条件付き土地の購入を決め契約を完了した直後、つまり、これから指定の施工業者(工務店など)ないし売主業者とのお打合せが始まるというタイミングが来た時に、非常に大きなご不安やストレスをお感じになられることが多いと思います。そして次に思われるのは「この先の打合せや工事について、信頼できる誰かに、自分たちにとって役に立つ、しっかりしたアドバイスが欲しい」ということだと思います。身近に詳しい方、専門の方がいらっしゃればその方を頼られてもよいですね。しかし、身近にそういう方はいらっしゃらない、或いはいらっしゃってもお願いしづらいといったことも多いと思います。
そんな時、「報酬を支払ってでも、不安を拭いストレスを解消して、自分たちの理想の住まいを造るために、信頼できる誰かに相談したい」と願い感じること、それが、コンサルタント業務を必要とするということになるのです。反対に、「報酬を支払ってまで誰かに相談することはない」と感じること、それはコンサルタント業務を必要としないという事なのです。
したがって、コンサルタント業務というものは、あくまでもお客様のお気持ちや考え方次第であり、その上で、お客様からのご要望、ご依頼といった意思表示があってはじめて成り立つ業務なのです。
そういった意味でも、こういったコンサルタント業務はひろく広告をしているものでもなく、お客様側からのご要望で自然発生的に生まれたまだ新しい業務ですので、あまり世間には広く知られてはいないと思います。
少し説明や理解が難しいのは、このコンサルタント業務はあくまでも「親切」の延長線上にあるところです。

コンサルタント料金について

コンサルタント業務は、内容や範囲などがご依頼者によってすべて異なります。したがって料金もすべて異なります。お客様のご要望にから自然発生的に生まれた業務ですので、業務内容もその料金もお客様のご希望がまず第一です。
はじめてご相談を承った際に、その内容に応じて適正な料金をご提示します。その内容をしっかりとご検討されてからご依頼ください。もちろん、はじめのご相談の料金は頂きません。
お気軽にご相談ください。

PAGE TOP